スタミナ持続

サビを防いで明るい毎日を

同じ年齢でも老けて見える人と実年齢よりも若く見える人がいます。
その違いはなんでしょうか。

人は誰でも年をとると老化が進みますが、老化が早く進むと老けて見え、老化が遅く進むと実年齢よりも若くみえたりするのです。
老化の原因の一つには細胞の酸化、いわゆる体のサビが関係しています。
人が生きるためには呼吸をします。
体内に酸素を摂りいれると活性酸素が発生するのです。
活性酸素に攻撃された細胞は酸化し、正常な働きができなくなったり、変異することでガンの原因になる可能性があるのです。

だからといって活性酸素が悪者ということではありません。
活性酸素は体の中に入ってきたウィルスなどを攻撃して細胞を外的から守る働きをしています。
しかしストレスや紫外線、生活習慣などによって活性酸素が過剰に増え過ぎると、外敵だけではなく正常な細胞も攻撃してしまうのです。
活性酸素が体内に増え過ぎると老化を進行させるだけでなく、血液中の悪玉コレステロールを増やすため動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす原因にもなるのです。

体の中には活性酸素を除去してくれる酸化防止システムがありますが、過剰なストレスや乱れた生活習慣、紫外線などによって活性酸素が過剰に増え過ぎると体内の酸化防止システムだけでは処理しきれず細胞が酸化されてしまいます。
また酸化防止システムは加齢によって働きが弱くなってしまいます。
そのため抗酸化作用のある成分を積極的に摂りいれて細胞の酸化を予防する必要があるのです。

食事や生活習慣だけで体のサビを防ぐには限界があります。
そこで注目されているのがhttp://www.okuribito.jp/eiyouso.htmlにも書いてあるように、コエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10には強い抗酸化作用がり活性酸素を除去してくれます。
さらに酸化防止システムに必要なビタミンを再生する作用があるため、弱った酸化防止システムの働きを元気にしてくれます。
細胞の酸化を防ぐことで細胞が元気になると、新陳代謝が活発になることで疲れにくく、若々しい体を作ってくれるのです。