スタミナ持続

コエンザイムQ10でむくみ対策

むくみは誰にでも起こりうる症状ですが、特に女性は夕方になると足がむくむという悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。
むくみの原因は血液やリンパの流れが悪くなることで、余分な水分や老廃物が排出されずに体内に残るからです。

むくみの原因には塩分の摂り過ぎや冷え、運動不足、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられますが、その他にも筋肉の低下によってむくみは起こります。
また夕方になると足がむくむのは、重力の関係と心臓から遠い場所であるため血液の流れが悪くなるからで、同じ姿勢を続けてる人の足がむくむのも流れが悪くなることが原因です。

むくみは余分な水分や老廃物が排出されずに溜まることで起こるので、マッサージなどで解消されたり、他に気になる症状がない場合は心配いりません。
しかし肝臓や腎臓など病気が原因でもむくみは起こるので、マッサージなどをしても解消されない場合には注意が必要です。

体の余分な水分や老廃物は静脈やリンパ管によって回収され排出されます。
しかし心臓の機能が低下すると血液の流れが悪くなり、水分や老廃物がうまく排出されず溜まりやすくなってしまうのです。
また足の筋肉は血液を心臓へ送り戻す役割をしています。
足の筋肉が低下すると血液を送る力が弱くなってしまうため、水分や老廃物が溜まるため足がむくみやすくなるのです。

そこで注目されているのが心臓の薬としても使われているコエンザイムQ10です。
エネルギーの生産を助ける働きをするコエンザイムQ10は、常に血液を送り出すため働き続けている心臓に多く存在しています。
心臓のポンプが元気に働き続けるには多くのエネルギーを必要とするからです。
コエンザイムQ10は加齢や活性酸素などによって減少すると、エネルギーの生産が減少し心臓のポンプの力が弱くなると血液の流れも弱くなってしまいます。
コエンザイムQ10を補給することでエネルギーの生産が活発になり、ポンプの力が強くなると多くの血液を流すことができます。
血液の流れがよくなると余分な水分や老廃物を回収して排出することができるため溜めない体を作ることができます。
またこちらのコエンザイムのサイトhttp://www.jam-anime.jp/mametiktisiki.htmlも参考にご覧ください。