スタミナ持続

高麗人参とコエンザイムQ10

http://rosso.ciao.jp/002.htmlにも書いてあるように、健康志向が高くなっている現在では体によい成分を摂りいれる人が多くなっています。
人気のコエンザイムQ10もその一つで、細胞がエネルギーを作り出すのを助ける働きがあり疲れにくく、疲れが残らない体を作ってくれます。
また心肺機能を強くする働きや運動後の筋肉を修復する働きもあるためスポーツ選手にも人気の成分です。
コエンザイムQ10は心臓の薬としても使われていたため、心筋梗塞や狭心症など病気の改善や予防効果も期待できます。
さらに強い抗酸化作用があるため活性酸素を除去して細胞の酸化を防ぎ、細胞から若返りの効果を発揮してくれます。
コエンザイムQ10には活性酸素で酸化したビタミンEを再生する作用もあるため、高い抗酸化作用を持続することができます。

古くから中国で不老不死の薬として使われていた高麗人参も美容と健康に多くの効果があります。
高麗人参というと漢方薬や薬膳のように値段が高く手の届かない商品と思われますが、最近では粉末やカプセルなど飲みやすく身近な商品になっています。

高麗人参は産地や栽培年数によって含まれる有効成分や質に違いがあり、皮がついたまま蒸して乾燥した紅参と皮を剥いで乾燥した白参があります。
高麗人参の特有成分といえば人参サポニンで、高麗人参の場合はジンセノサイドともいわれています。
サポニンを含む食品は多くありますが高麗人参は含有量が非常に多く、栽培年数が長いほど根に蓄積される特徴をもっています。
栽培年数5~6年がピークでそれ以上はサポニンが減少してしまいます。
またサポニンは皮と身の間に多く存在するため韓国産の「六年根の紅参」が最高級といわれています。

サポニンにも強い抗酸化作用があり、血栓が作られるのを防ぐ作用があります。
また血管を広げて血液の流れをスムーズにするため、動脈硬化などの病気予防や新陳代謝の促進効果があります。
さらに抗炎症作用もあるため免疫力を高めてアレルギー症状を緩和する働きもあります。

高麗人参とコエンザイムQ10を一緒にとることで更に強い抗酸化作用が働き、体の酸化を防ぎ、生活習慣病などの予防にも高い効果を発揮してくれます。
最近では二つの成分を配合したサプリメントもあり、味や臭いを気にせず手軽に摂ることができるので、健康な体作りと病気予防に摂りいれてはどうでしょうか。