スタミナ持続

コエンザイムQ10って何?

http://coq10-supplement.com/konnnahitoni.htmlにも書いてあるようにコエンザイムQ10は、生きていくために必要なエネルギーを作り出すのに必要な補酵素です。
もともと人間の体に存在しているのですが、加齢と共に減少してしまうため補う必要があります。
体中の細胞に存在していますが、特に心臓や腎臓、肝臓などエネルギーを多く必要とする臓器に多く含まれています。

人間が生きるためには酸素や食べ物からATP(アデノシンミリン酸)というエネルギーを作り出し生命を維持しています。
エネルギーは細胞内のミトコンドリアで作られますが、ミトコンドリアの中にコエンザイムQ10は存在し、エネルギーの生産を助けているのです。

もともとは心臓の薬として使われていたコエンザイムQ10ですが、2001年に健康食品としての利用が可能となりました。
コエンザイムQ10にはエネルギーを作り出し疲れにくい体を作る他にも強い抗酸化作用があり、健康維持だけでなくアンチエイジングなどの美容効果も期待できるのです。
そのためサプリメントや化粧品など多くの商品が販売され人気となっている成分です。

コエンザイムQ10はもともと細胞内に存在する成分ですが、20歳をピークに減少を始め40代からは急激に減少が進んでいきます。
体内でコエンザイムQ10が減少すると、エネルギーを作り出す力が弱くなるため疲れやすく、さらに疲れがとれにくい体になってしまいます。
またエネルギー生産量が低下することで毎日大量にエネルギーを必要とする心臓や腎臓や肝臓がエネルギー不足となるため働きが弱くなってしまいます。
そのため倦怠感や冷え、肩こり、免疫力が低下するなどさまざまな症状を引き起こす可能性があります。
細胞の働きが弱くなることから肌のターンオーバーが乱れるといった肌トラブルにもつながります。

エネルギーを作り出し健康な体を維持するのに必要なコエンザイムQ10は食べ物から摂ることもできます。
イワシ青魚や豚肉、牛肉、ナッツ類、ほうれん草、大豆などに多く含まれていていますが、微量のため食事だけでは必要量を補うことは難しいのです。
バランスのよい食事を摂りながら不足分をサプリメントで補うことで効率よく摂ることができます。